[短文] [不思議な言語たち] [文化ビンゴ]
ホラーデー
Fri, 07 Dec 2007 00:54:20 +0000

エフ君は、廊下を飛び出して部屋に入ってベッドの下で隠れた。もう汗まみれになってしまった。涙だらけの目で開けっぱなし なドアの前にはエフ君が黒い靴を見ながら鳴き声を出してしまったとたん

「おおい!この部屋にいるんじゃねえか」とすべての自信を消せるほどの声がした。エフ君にとってはバレるわけにはいかなかったが、挙句の果てもう仕方がない状況になっていた。逃げるために必死になって隠れ場所を出立って驚かす突然で相手の方へ走り寄ることを余儀なくされたが、前に立っていた背が高いその相手は驚かずにエフ君の襟を握りしめて、こう言った

「ボク、お風呂よ!」